職場における感染防止対策を実施

(群馬県・伊勢崎市消防本部)

 伊勢崎消防署西分署では、新型コロナウイルスに対する感染防止対策を徹底しています。新型コロナウイルスの実態は未知数であり、今後も感染拡大が危惧されるなか、署全体で飛沫感染対策やソーシャルディスタンスの確保に取り組んでいます。
そのひとつとして、2020年10月20日、職員が創意工夫し仮眠室及び更衣室で安全に仮眠ができるよう段ボールパーテーションを設置しました。また、マスク着用の徹底、室内の換気、共有部分の消毒、手洗いうがいの励行を心がけています。職場内でのクラスター発生を未然に防止し、消防力の維持に努め、災害から市民を守ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です