解体予定の小学校を使用した大規模地震救助救出訓練

(大阪府・豊中市消防局)

 豊中市消防局は9月14日から16日までの3日間で、解体工事中の小学校の校舎を使用し、大規模地震救助救出訓練を実施しました。
 この訓練は、地震等の災害により倒壊した建物内に取り残された要救助者の救助を想定した訓練で、床や壁を部分的に破壊し、隊員の進入口及び救出経路を設定する技術の習得や、災害現場において安全・確実・迅速に活動できる能力を養い、災害対応力の向上を目的として実施しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です