官民合同水害対策訓練を実施

(埼玉県・埼玉西部消防組合)

 埼玉西部消防局所沢中央消防署は8月31日、災害対応能力の向上及び関係機関との連携強化を図るため、管内に所在する遊園地のプールを借用し、水害対策訓練を実施しました。
 局地的な大雨による道路冠水を想定した内容で、警察署、市役所及び遊園地職員合同で訓練を実施しました。特に「水に関する座学」「着衣時の背浮き方法」については全員が熱心に取り組んでいました。
 今後も、地域に密着した関係の構築に努め、管内の関係機関が一体となった消防行政を推進してまいります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です