防災協会連合会がアイソレータを寄贈

(福岡県・久留米広域消防本部)

 久留米広域消防本部は、久留米市内で危険物を取り扱う4部会(石油、一般、塗料及び灯油・LP)で構成される久留米市防災協会連合会から、同協会創立60周年を記念して、アイソレータの寄贈を受けました。8月5日に久留米市本庁舎で寄贈式を行い、新型コロナウイルスなどの感染症患者を救急搬送する際、隊員の二次感染を防ぐためにアイソレータを有効活用することを報告しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です