令和2年度北海道・北東北4道県防災航空隊合同訓練

(青森県・青森県防災航空隊 ほか)
青森県防災航空隊は、青森県弘前市で、令和2年度北海道・北東北4道県防災航空隊合同訓練を実施しました。
この訓練は、近隣道県の防災航空隊及び消防隊の連携体制を確立するとともに、有事の際に円滑な活動が実施できるよう、関係機関相互の協力体制を確立することを目的とし、平成19年(2007年)度から北東北の青森県・秋田県・岩手県の三県持ち回りの主催により実施しており、近年は隣接する道県も参加しています。
今回の訓練では、岩手県防災航空隊が事案対応のため地上隊のみでの参加となりましたが、青森県・北海道・秋田県の防災航空隊が同一想定で訓練を実施し、機体の特性、各隊の手技の検証を行いました。また、新型コロナウイルス感染症に関する青森県対処方針を遵守したうえで一般参観を可能としたほか、開会式・閉会式をリモート形式で実施しました。同航空隊の担当者は「訓練開催に尽力いただいた弘前地区消防事務組合ならびに各防災航空隊に改めて感謝したい」と語っていました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です