飛沫防止シートから発生する火災にご注意!!と広報

枚方寝屋川消防組合消防本部

スーパーやコンビニ等の店舗等で新型コロナウイルス感染症の飛沫防止シートによる感染拡大防止対策に取り組んでいるなか、店内が普段の様子とは違う状況になっているので、火気の取り扱いについて、いつも以上に注意が必要とされる。
 枚方寝屋川消防組合消防本部はこのほど、警防部指揮支援・調査隊と予防部予防指導課が合同で、飛沫防止シートの燃焼実験を行った(写真)。その結果、シートは燃えた状態で、ポタポタと垂れていくことから、商品等に延焼拡大する可能性があることが判明した。
 同本部では、ビニール製やナイロン製の飛沫防止シート火災を未然に防ぐために、次の3点を訴えて広報をしている。
 ①飛沫防止シートの付近では、火気の使用や喫煙は決してしないこと
 ②ライター等を取り扱う売り場では、試験的にも、飛沫防止シートにライターを点火させないこと
 ③ライター等は、必ず店員の目の届くところで管理すること

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です