違反是正特別支援員制度を発足

仙南地域広域行政事務組合消防本部(宮城県)

 仙南地域広域行政事務組合消防本部は3月17日、違反是正特別支援員制度要綱を公布し、令和2年4月1日に施行されました。4月14日には任命式を行い、各署長から推薦された職員6名を、初代「違反是正特別支援員」として任命しました。
 違反処理は、消防法のみならず、行政手続法や行政不服審査法、行政事件訴訟法など、様々な法律の精査が必要であり、対象事案を経験することにより、その知識や技術を習得していくものでありますが、同消防本部には、各署所に予防専門の日勤者がおらず他業務との兼ね合いも考えつつ限られた時間の中で、高度な法律知識を必要とする違反処理を継続させるというのは、決して容易なことではありません。そのため、これまでの体制のように、自署のみの違反処理事案だけでは、経験や知識不足を解消することはできないことから、消防長名により特別支援員を任命し、自署のみならず、署々間の垣根を越えて、様々な違反処理案件や特別査察に積極的に派遣し、違反処理の経験を積ませることにより、経験不足を解消することを目的としています。違反是正特別支援員制度は予防業務の人材育成にもつながる「仙南Style」といえるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です