無差別殺傷を想定した集団救急事故訓練

(福岡県・久留米広域消防本部久留米消防署)

久留米広域消防本部久留米消防署は、令和2年2月17日(月)に大型の文化施設である久留米シティプラザにおいて、久留米大学病院・聖マリア病院DMAT、シティプラザ職員と合同訓練を実施しました。
久留米シティプラザ内において無差別殺傷による集団救急事故が発生したことを想定し、ブラインド形式で災害対応初期活動、トリアージ及び救出・救護活動訓練を行いました。
この訓練を通じて各関係機関が、災害時における初動体制を再確認し、災害対応時の連携強化を図ることが出来ました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です