火災予防運動を実施

(大垣消防組合消防本部・岐阜県)
 大垣消防組合消防本部では、多くの列車が起終点とする名古屋都市圏の西端に位置するターミナル駅「大垣駅」にて、年末年始の火災予防運動を実施しました。
 この運動は、年末年始を迎えるにあたり、火の取り扱いの注意喚起と住宅用火災警報器の維持管理を広く啓発するために実施しました。
 当日は水の都おおがき親善大使の河合七菜さんと当消防組合職員で通勤通学途中の住民の方々に明るく楽しい新年を迎えていただくために住宅用火災警報器の維持管理のチラシやティッシュ等を配布して、防火を呼びかけました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です