大量送水をした時のキャビテーション音

(甲賀広域行政組合湖南中央消防署・滋賀県)
 甲賀広域行政組合湖南中央消防署では、湖南市が所有し今年度中に解体予定である施設において火災救助訓練を実施しました。
 この訓練は火災現場における的確な判断力と柔軟に対応できる活動能力を高め、火災件数の減少による現場経験の少ない若手職員の技術向上を目的とし、3階建ての建物1階から出火し要救助者が複数取り残されている想定で、濃煙状況を作った中での人命検索、窓、扉を破壊しての屋内進入を行いました。
 また、谷畑英吾湖南市長も訓練状況を査閲され、今回の取り組みを承諾していただいた関係者に感謝し、今後の現場活動に活かしていきたいと述べられました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です