大隊訓練で消防隊の連携を確認

(船橋市消防局東消防署・千葉県)
 船橋市東消防署はこのほど、船橋市消防訓練センター(船橋市古和釜町)において、本格的な火災期を前に一般建物火災における人命救助及び火災防ぎょ活動等の大隊訓練を実施し、各隊員の警防技術の向上と災害現場での連携及び安全管理の強化を図りました。
 訓練は、東消防署管内の第3部勤務担当の68名の隊員(救急隊を除く)を訓練活動担当と安全管理等担当に分けて実施しました。また、全隊が訓練に参加できるよう2回実施し、それぞれ経験を積むことができました。
 今後は中層建物火災等の災害現場を想定した訓練も消防訓練センターにおいて実施する予定です。

大隊長と指揮隊による災害の対応状況把握と指揮活動

屋内進入前の検索手順の指示及び各個による安全確認の状況
3連梯子による2階への進入要領及び安全確保要員の配置確認
各室の検索の状況

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です