塵芥車からの救出方法を検討、塵芥車の災害対応訓練を実施

(西春日井広域事務組合消防本部・愛知県)
 西春日井広域事務組合消防本部は2019年11月21日と22日及び1月6日の3日間にわたり、北名古屋市防災環境部環境課の職員とともに、火災及び救助事故が発生した場合に素早い対応ができるように、市が保有する塵芥車を使い、構造説明及び車両取扱いの訓練を行いました。車両取扱いの訓練については、塵芥車のプレスプレートの破壊力の強さを確認するため、ごみを実際にプレス、大きな粗大ごみが一瞬で粉々となり、その威力を知ることができた。そして、布団等を丸めたごみを要救助者と見立てて、いち早く救出するための方法を検討し、より実践的な訓練となりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です