糸魚川大火を教訓に住宅密集地火災対応訓練を実施

(富士五湖広域行政事務組合富士五湖消防本部・山梨県)
 富士五湖広域行政事務組合はこのほど、山梨県富士吉田市の中心街にある木造住宅密集地域において、警察、市防災課、消防団、住民と合同火災対応訓練を実施しました。
 平成28年12月に発生した糸魚川大火の教訓を受け、この地区でも同様の被害が考えられることから、通報、初期消火連携訓練及び避難誘導訓練と初動体制など様々な訓練を実施しました。
 訓練終了後には関係機関と住民を交えた検証会を行い、有意義な訓練となりました。

DCIM\100MEDIA\DJI_0048.JPG

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です