4つの視点で繁華街査察を実施

(東京消防庁練馬消防署・東京都)
 東京消防庁練馬消防署はこのたび、練馬駅南口周辺を中心に、練馬警察署、練馬区建築課、練馬区保健所と合同で飲食店等を重点対象とした繁華街査察を実施しました。
 火災危険の高い小規模雑居ビルや飲食店等、52棟の対象物について、避難施設、防火設備の維持管理及び火気使用設備等の確認を昼間と夜間の2回に分けて行いました。
 火災多発期と飲食店の繁忙期を前に、消防署と関係機関が協力し、町全体がワンチームとなり、それぞれの専門分野におけるプロの視線から厳しくチェックを行いました。商店街の関係者からは「防火防犯に加えて、衛生面もチェックを受けることができ、お客さまを安心して迎えることができます」との声が寄せられました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です