河川決壊時の活動を学ぶ

(松戸市消防局大金平消防署/松戸市消防団大金平方面隊・千葉県)
 松戸市大金平消防署と松戸市消防団大金平方面隊はこのほど、茨城県常総地方広域市町村圏事務組合から「平成27年関東・東北豪雨」で災害対応にあたった職員を講師として招き、河川決壊時における消防職団員の活動状況とその課題について学びました。
 この講演会は、近年千葉県内において、大規模な土砂災害や浸水被害が頻発しており、今後、気候変動の影響により、松戸市も、同様な災害が発生する懸念が高まっていることから開催する運びとなりました。また、講演後は質疑応答の時間が設けられ、参加者との貴重な意見交換が行われるなど大変有意義な講演会となりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です