遠距離送水訓練を実施

(横浜市消防局南消防署/横浜市南消防団・神奈川県)
 横浜市南消防署と南消防団は令和元年12月1日、横浜国立大学教育学部附属特別支援学校(神奈川・横浜市南区大岡)において、「大震災により大規模な火災が発生し消火栓が使用できない」との想定で、消防署・消防団一丸となりホース延長車による100mmホースを活用した遠距離送水訓練を実施しました。
 訓練では、消防団員による放水活動のほか、事前設定により無人で放水できるオーロラ管槍による延焼防止活動の検証も実施しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です