移動タンク貯蔵所等の合同立入検査を実施

(奈良県広域消防組合消防本部・奈良県)
 奈良県広域消防組合は2019年11月1日、奈良国道工事事務所遅瀬計量所において、消防本部特別査察隊と3消防署が、管轄の警察署と合同で移動タンク貯蔵所等に対する立入検査を実施しました。
 立入検査では移動タンク貯蔵所の定期点検の実施状況や設備の維持管理状況について検査を行い、危険物取扱者の保安意識を高め安全を確保するとともに、事故の際の被害拡大防止に資するためイエローカードの携行を働きかけ、車両の運行についても一層の安全管理の徹底を図るよう指導しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です