震災に対する対応能力の向上を目的 災害対応図上訓練を実施

(桑名市消防本部・三重県)
 桑名市消防本部は2019年10月21日、警防本部室において、ブラインド形式の災害対応図上訓練を実施しました。訓練には、消防幹部を中心に警防本部員29名が参加し、発災直後、発災4時間後、発災10日後の災害対応を確認しました。防災連動の対応、役割分担の明確化、報道対応等前回の反省を活かし、大変有意義な訓練となりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です