迫り来る大規模災害の発生に備えて多数傷病者対応訓練を実施

(静岡市消防局・静岡県)
 静岡市消防局は2019年10月15日、職員の災害対応能力の向上及び医療機関との連携強化を目的に、多数傷病者対応訓練を開催しました。野球場内で爆発が発生し、多数の傷病者が観客席に取り残されているとの想定で、活動隊と静岡県西部ドクターヘリ、島田市民病院DMATの医師との連携を主眼に実践的な訓練を行いました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です