救助技術を共有、国際消防救助隊連携訓練を実施

(湖南広域消防局・滋賀県)
 湖南広域消防局は2019年10月10日、消防局震災救助訓練施設において、国際消防救助隊登録本部である湖南広域消防局と大津市消防局が互いの救助技術・知識を共有した国際消防救助隊連携訓練を実施しました。
 訓練は、「海外で発生した大規模地震により国際緊急援助隊救助チームとして派遣された」との想定により、ブラインド型の長時間救助活動を展開し、都市型捜索救助技術の向上と併せて、大規模災害時の災害即応能力の向上と両消防局の連携強化を図ることを目的として行われました。今後も連携訓練を継続して、更なる連携強化と災害対応能力の向上に努めます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です