天滝渓谷で山岳救助訓練を実施

(南但消防本部・兵庫県)
 南但消防本部は2019年9月30日と10月1日の2日間、山岳救助訓練を実施しました。
 訓練は、日本の滝100選に選ばれている「天滝」(落差98m)を有する渓谷で、「男性が登山道から15m滑落した」との想定で行われ、要救助者を担架に収容し、山岳用救助器具を使って登山道まで引き揚げた後、救出しました。
 南但消防本部が管轄する地域は山間の観光地を多く占めており、登山やウィンタースポーツなど、季節を問わず観光客が訪れています。今後も訓練を積み重ね、山岳で起こるあらゆる事案に備えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です