レオパレス21に対し指導文書を交付

(千葉市消防局〈千葉県消防長会事務局〉・千葉県)
 レオパレス21が施工した消防法令等に不適合となる建築物の早期改修等を図るため、9月5日付けで千葉県内全31消防本部消防長の総意として、千葉県消防長会会長(千葉市消防局長)からレオパレス21に対し、「速やかな特定行政庁との協議」や「危険性が高い共同住宅の優先的改修」、「暫定的な防火措置や居住者等への注意喚起の実施」、「改修状況等の定期報告」等を指導する文書を交付しました。
 本来、これらの指導は各消防本部で実施すべきと思料されるところ、千葉県内は本件に伴い消防法令違反となる共同住宅やそれらを所管する消防本部が多く、個別に対応した場合に本旨である建物の改修や防火対策の実施等が遅れるおそれがあると考え、全消防本部で協議を重ね、統一した対応を図ることとしたもの。レオパレス21からは本文書の指導内容を遵守し、真摯に対応していくと回答がありました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です