警察と合同で震災訓練を実施

(東京消防庁滝野川消防署・東京都)
 東京消防庁滝野川消防署は8月31日、滝野川公園と花と森の東京病院において、警視庁滝野川警察署と合同で震災訓練を実施しました。
 訓練は、「東京都で震度7の地震が発生した」との想定で、倒壊した建物の下敷きになっている人の救出救助訓練を行いました。さらに航空隊のヘリコプター「ちどり」が空から情報収集を行い、第六消防方面本部の双腕重機が鉄骨を除去したり、20tの吊り下げ能力を持つクレーン車による車両吊り上げ訓練などを実施しました。
 訓練終盤には第二消防方面本部のスーパーポンパーがホースを延長して一斉放水を行い会場を盛り上げました。滝野川消防署では今後も、警察と消防、町会自治会、関係機関の連携を強化し、住民の安全・安心を守っていきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です