全国消防最前線(北九州市消防局)

〇近代消防12月号 掲載記事の紹介
 今月の消防最前線では福岡県の「北九州市消防局」を紹介しています。
 同消防局は、福岡県の北部に位置し、関門海峡に面した九州最北端の都市。東西32.5km、南北33.5km、面積491.95km2で福岡県域の約10%を占めています。
 同市は、医療環境が充実しておりシニア世代が住みたい街ナンバーワンにも選ばれています。
 今回は、北九州市消防局が取り組んでいる消防行政を中心に、市立八幡病院との連携、災害時の消防と医療機関の連携を強め、負傷者の救出・処置・搬送を目的とした精鋭部隊「高度救急隊」、消防隊による救急活動「あかきゅう」についてなど様々な取組を紹介しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です