世界の高層・超高層   
  ・超々高層ビル火災
その実態と防火・避難対策
■森田 武著  A5判 220頁  定価(本体1,619円+税) 送料132円

過去の高層ビルか細事例から、
延焼・煙拡散・避難等の点で
少しでも優れた安全なビルは造れられないかを検証!

= 主 な 目 次 =   
まえがき
第1章 煙突の高い炉のように
第2章 高層ビルと火災の危険性
     
・わが国の高層ビル数と火災状況
     ほか
第3章 超高層ビルの歴史
     
・わが国の超高層ビルの歴史        ほか
第4章 高層ピル火災の恐怖
     ・MGMグランドホテル火災
     ・ファーストインターステートバンクビル火災
     ・ワールドトレードセンタービル火災
     ・日本・病院火災
     ・日本・高層マンション火災           ほか    
第5章 高層ビル火災事例から得た教訓
     ・ビル火災と歴史的背景
     ・
外国事例に学ぶこと
     ・スプリンクラーも万能ではない
     ・落下してくるガラスは見えない
     ・ヘリコプターへの気流の影響        ほか
第6章 高層ビルからの避難・救助の困難性と救助対策
     ・高さによる避難障害
     ・昇降ステージ                  ほか
第7章 避難障害をひきおこすもの
     ・煙
     ・人間                        ほか
第8章 避難速度は実験と実体とではどうちがうか
     ・避難速度に関する実験結果と参考データ・実例との比較
     ・疲労度調査とアンケート調査結果     ほか
第9章 火災時の火煙上昇(拡大)速度と圧力
第10章 人間は火災に直面したときどのような避難経路をたどるか
     ・避難行動を調査した火災概要
     ・避難経路と避難の危険性について
第11章 防火・避難上安全な高層ビルとは
     ・上下避難の困難性
     ・防火・避難上安全なビル設計のコンセプト    ほか
第12章 現存する高層ビルの防火・避難対策
     ・セルター