事例で学ぶ
 特異火災の対応と教訓
 ■竹内 吉平著  B5判/266頁 定価(本体2,600円+税)送料132円
     
    消防活動技術は、体験と学習の積み重ねで身につくものですが、体験することは限られており、火災現場に臨んで対応を迅速、的確に判断し活動するために、著者が体験等した災害事例の中から「特異火災の対応と教訓」とすべき事項をまとめた消防隊員のための実務資料の決定版!
 
  =主な目次=
 第1 木造(防火造)建物の火災
  1.木造建物火災の初期対応
2.フラッシュオーバーによる事故事例
3.殉職者4名負傷8名を出した住宅火災
4.先着隊が老婆を救助した火災
5.大規模木造建物火災の対応
6.焼死者3名を出した老朽共同住宅火災
7.パラペットの倒壊により消防職・団員8名が受傷した火災
8.市街地の延焼火災
9.大規模木造工場火災事例
10.重要文化財等の火災対応
11.飛び火火災の警戒と対応
12.再燃火災とその防止対策
 第2  耐火建物の火災
  1.救助活動中、梯子車の先端から転落し、殉職した火災事例
2.マンション火災(事例1)
3.マンション火災(事例2)
4.マンション火災(事例3)
5.超高層マンション火災対応事例
6.建物火災の救助活動
7.延焼のおそれのある部分の対応を軽視して延焼拡大した耐火建物
 第3 公共施設等の火災
  1.「松寿園」火災の対応と「緊急避難装置」レスキューベランダについて
2.ホテル・ニュージャパンの火災対応
3.地下施設火災の対応
4.長崎屋火災及び西武百貨店火災の概要
5.名古屋地下鉄栄駅変電室火災の対応対応
6.防御に困難を極めたスタジオ火災
7.東京中央卸売市場火災の対応
 第4 雑居施設等の火災
  1.44人が死亡した歌舞伎町の雑居ビル火災の概要(平成13年の火災)
2.歌舞伎町の雑居ビル火災でエレベーター内から救出した事例
3.東京カラオケ本舗の火災対応
 第5 事業所・倉庫等の火災
  1.京浜島ゴミ処理センター火災の対応
2.危険物合成工場の火災対応
3.工場火災で毒・劇物の漏洩による隊員の受傷状況
4.塩素ガス漏洩事故に伴う消防隊員の受傷状況
5.消火活動中「爆燃」により消防隊員21名が受傷した火災
6.勝島倉庫殉職火災の対応
7.大部隊の長時間防御火災
8.倉庫火災の対応と住民避難活動
9.大規模倉庫火災の対応
第6 林野・船舶・航空機の火災
  第6 林野・船舶・航空機の火災
1.林野火災の対応
2.船舶火災の対応
3.航空機事故事例及び航空機火災対応モデル