KSS 近代消防新書No.4
市民の地震対策は
安全な家に住むこと
■樋口 次之著  新書判/231頁  定価(本体900円+税)送料108円
長年にわたり消防防災の第一線にあって、内外の地震をはじめ各種の災害の現場を踏査した著者が、 「市民の地震対策で、もっとも大切なことは安全な家に住む」ことと力説。地震をはじめ風水害に安全な家を造るための 基礎的知識を開陳した防災対策の必備書!
主 な 目 次
まえがき
昔は安全な土地に、地域の人が協力して
確かな地震予知は、まだまだできないんだから
東海地震という名の地震
人生の3分の2は、家に居るのだから
市民の地震対策は安全な家に住むこと!
屋根瓦を軽く強くして、地震や台風に備えよう
手抜き工事の家が、なぜ絶えないのか
理想の家は、工業化住宅だ
建築物の耐震化を急げ
10 関東大震災にもよく耐えた、丸ビルと松丸太の基礎杭
11 緊急地震速報を理解するために
12 津波は世界の共通語だ
13 市町村合併後も古い地名を残す努力を
14 ブロック塀と地震災害
15 ブロック塀の安全点検
16 ガソリンスタンドは、安全な施設だ
17 岐阜県が県石油商業組合と被災者支援協定を交わす
あとがき