灼熱地獄の中で殉職した若き消防戦士の記録

 東京が
  戦場になった日

―なぜ、多くの犠牲者をだしたのか!
  若き消防戦士と空襲火災記録―

元消防署長 中澤 昭 著
■四六判・上製本/360頁 定価(本体1,800円+税)送料324

仲間の壮絶な死。
 多くの無惨な死体の山。
 救いを求める人々を
 救えなかった拭えぬ心の残痕。
 歴史の中から消さないで……。
 若き消防戦士が猛火に挑み
 散っていった…友への鎮魂の記録!

主な目次
序 章 55年ぶりの再会
第1章 東京初空襲
  −情報操作が全てを狂わせた−
第2章 嵐の前の静けさ
  −民間防衛に頼った日本の防空
第3章 戦場に押し出された消防隊
  −防空消防軽視のツケ-
第4章 B29が東京にやってきた
  −東京空襲が始まった−
第5章 東京が戦場になった
  −B29の東京行き特急便−
第6章 空爆テストされる東京
  −無差別焼夷弾攻撃への始動−
第7章 東京が火の海になった
  −3月10日 東京大空襲−
第8章 学徒消防隊記録
  −早大生七人が殉職した「あの日」−
第9章 焦土と化した東京
  −焦土から立ち上がる人々−
第10章 戦火の終焉
  −燃え尽きた東京−