ブックレットNo.7煙に斃れた118人
煙に斃れた118人
 −千日デパートビル 大惨事から30年−
 岸本 洋平 著    A5判/103頁  定価(本体600円+税)送料108円

あの大惨事以降、色々の防火対策強化が図られた
しかし、大惨事を裁く18年にわたる裁判で問われたのは、防火管理の意識欠如だった。
防火管理に対する、欠如は今も続いている 昨年の新宿歌舞伎町の火災を見るまでもない、
この貴重な教訓を忘れないために、尊い命を守るため

−主 な 目 次−
まえがき
1 未曾有の雑居ビル火災
  歌舞伎座、雑居ビルに転身/3階で炎/最初の生還者/
  クローク係の女性も脱出/強まる煙の勢い/逃げまどう男女  ほか
2 重なった欠陥、不備、手落ち
  難問だった防火シャッターの閉鎖/猛煙呼んだ欠陥、不備/
  なかった防火管理意識  ほか
3 全員無罪の判決下る
  出火原因不明のまま起訴/業務上過失致死罪 VS 無罪/
  タバコかマッチの火が原因と地裁 救助袋、弁護側主張を認めず  ほか
4 高裁逆転有罪、最高裁で確定
  シャッター閉鎖、立会の義務あり/避難訓練、補修義務認める/
  注意義務は実行できた/回避できたはずの惨事  ほか
5 教訓を生かす
  どこも薄い防火意識/査察で保育所移転も
  国民にのしかかる衝撃/防火管理者の義務、消防設備の基準強化