ブックレットNo.11
原発の現状と消防
 岸本 洋平 著    A5判/105頁  定価(本体600円+税)送料108円
・電力エネルギーの中核をになう原発
  東海村で起きたJCO臨界事故を通じ
消防が活動する上での理解して
おかなければならない原発の現状と課題!
−主 な 目 次−
第1章 JCO事故の教訓
「テンカン」発作と119要請/被爆者3人、国立水戸病院へ/救急隊員も被爆/2人が犠牲、664人が被害/原発解体時の警戒  ほか
第2章 原子力発電の現状
脱石油、温暖化の切り札/60基を超える運転も/米独で異なる姿勢 ほか
第3章 衝撃のトラブル隠し
列島を走り抜けたショック/組織的隠蔽を認める/ゆらぐ企業倫理 ほか
第4章 内外の重大事故
最悪事故はチェルノブイリ/尾を引く健康被害/安全設計・欠陥と人為複合ミス/米国では炉心溶解型の事故/「もんじゅ」事故で隠蔽発覚 ほか
第5章 原子力発電と安全性
13ヵ月ごとの定期点検/安全対策は3段階で/防災訓練は消防と連携して/発の廃炉は東海原発 ほか